FC2ブログ

初級③ (木・15:30~17:00)

先日、うま~いお菓子をいただいた木曜日の初級③クラス。
今日は真面目に、授業内容の紹介をいたします。

担当講師は倪卉老師。難しい漢字ですが、日本語だと「ニキ」、中国語だと“Ni2Hui4”と発音します。

テキストは
『中国語さらなる一歩』
竹島金吾監修 尹景春・竹島毅 著 白水社


白水社の公式サイトはこちらをご覧ください。

ニキ先生によると、このテキストは入門から初級段階のポイントがきちんと整理されているのでオススメなのだそうです。
木初級・テキスト

最初にテキスト付属のCDを聴きます。本文(会話文)と単語が録音されています。

次に、老師のあとについて単語を読むのですが、発音のポイントが丁寧に説明されます。
例えば、「申し訳ない、面目ない」という意味の“不好意思”という単語は、“不好”+“意思”ではなく“不”+“好意思”という構成なので、発音する時も後ろの3文字をひとくくりとして発音すると自然なリズムになるのだそう。そのためには、最初の“不”をやや強めに発音し、残りの3文字を軽く発音するとよいそうです。
この方法をニキ老師は「1+3で読む」と表現されていました。「中国語は声調だけではなくリズムも重要」なのですって!!

なるほど~
ただダラダラ読んでいるだけでは、中国語らしい発音にはならないのですね~納得です!!

単語の次は本文です。
再びCDを聴いたあと、老師のあとについて読みます。
ここでも「2+1で読む」など、リズムを大切にされていました。また、日本人が発音しづらい音は、どうやったら発音しやすいかを具体的に説明されていることも印象的でした。

続いて、テキストの文法説明の部分。
この日、取り上げられていたのは“可以”と“要”、そしてそれらの否定形でした。
ニキ先生ホワイトボード

こんなふうに板書しながら、しっかりと文法が整理されていきます。
“要”の否定形には“不要”“不用”“別”がありますが、これらの意味の違いや、どんな場面で使われるかなどがよ~く理解できました。(取材というより、ガッツリ聴講していた日中京子です…)

一通り文法を学習したかたでも、「目からウロコ」間違いなしの講座だと思います。
授業の随所にはさみこまれるニキ老師の「中国プチ情報」的なコーナー(日中京子が勝手に命名)も楽しいです。

初級③クラスは木曜日15:30~17:00
見学は随時受けつけています。

日中京都の中国語教室のくわしい内容はこちらのページをご覧ください。
申し込み・問い合わせは日中京都まで。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日中京子

Author:日中京子
中華圏大好きな日中京子と申します♪京都在住です。
日中友好協会のブログを引き継がせていただきました~
中国って知れば知るほど興味がつきない不思議な国ですよね。
日中友好協会のニュースのほかに、いろいろ京子が思ったことつぶやきます。
どうかよろしくお願いします!
日中友好協会のウエブサイトも新しくなりました。

http://www.nichukyoto.gr.jp/

よかったらお越しください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR