FC2ブログ

台湾の文化と中国語(月・昼) 後期講座が始まりました!

前期に好評だった月曜15:30~の「台湾の文化と中国語」クラスが、めでたく後期も開講いたしました!

遅ればせながら、9月15日に開講された後期初回について書きたいと思います。
この日のテーマは「台湾旅行体験談」ということで、僭越ながら日中京子も先日の台湾旅行の体験を15分ほどお話させていただきましたので、紹介いたします。

日中京子の体験談のテーマは「玉井でマンゴー食べまくり」です。玉井というのは台南市の地区の名前で、マンゴーの産地としてその名を台湾全土にとどろかせています。(たぶん…)
7月、ちょうどマンゴーの季節に台湾に行くことになり、このクラスの張原銘老師に、「マンゴーを食べるのに、わざわざ玉井までいく価値はあるでしょうか?」とたずねたところ、なんの迷いもなく「あります!」と即答されたので行ってきました~

玉井へは台南駅前からバスで80分ほどです。玉井に近づくにつれ、道の両側には一面のマンゴー畑が広がり期待が膨らみます。道中、普段はフルーツなど扱っていなさそうな店でもマンゴーの箱が積んであるのをよく見かけました。季節になるとお中元のような形でマンゴーを送る人が多いのでしょうね~日本でも産地の知人から季節のフルーツが送られてくると嬉しいものですが、それがマンゴーだったら嬉しさ百倍ですね!!


玉井に到着しバスを下りると、目の前の商店でマンゴーが山積みになって売られています。日本では高級品のアップルマンゴーが無造作に20個ほど入ったカゴがいくつも置いてあるのです。まさに産地ならではの光景ですね。
目指すは、玉井農会(農協のようなもの)のマンゴーかき氷。バス停から5分ほど歩くと、お目当てのかき氷屋さんに到着です。

見てください!!このフレッシュなマンゴーの輝く黄色を!!
玉井農協マンゴー氷
これは「雪花氷」といって、かき氷ではなくマンゴーアイスを削ったものです。こう見えて、ものすごいボリュームなのです。お皿はA4サイズの用紙ほどあり、120元(1元=3・4円)でした。これと普通のマンゴーかき氷(100元)を注文し、3人で食べきれないほどでした。

かき氷屋さんの裏手にはマンゴー出荷場があり、見渡すかぎりのマンゴーに大興奮いたしました。
一面のマンゴー1  一面のマンゴー2
マンゴー選別  マンゴー出荷

これらのマンゴーを思う存分リュックにつめて日本に帰ることができたらどんなに幸せでしょう。でも、それはかなわぬ夢です。そこでバス停の前のマンゴー屋さんで「今晩食べたいから、食べごろのマンゴーを売って」とお願いしたところ、奥から下の写真のような特大のマンゴーを二つ持ってきて「80元でいいよ」ですって!!あまりの安さに再び大興奮の日中京子でした。
マンゴー購入

「今日食べてね」と念をおされたマンゴー、夕食後のデザートにとホテルで切り分けましたが、二つはとても食べきれず、連日のマンゴーナイトとあいなりました次第です。もう言葉では言い表せないほどの美味しさでした。玉井、行ってよかった~
マンゴー解体

この日、マンゴーについて話すことをお伝えしていたところ、張老師はなんと玉井のドライマンゴーをお茶うけに持ってきてくださいました~



「台湾の文化と中国語」クラスでは毎回様々なテーマを設けて、台湾出身の張原銘老師に詳しく解説していただきます。

次回は…
10月6日(月)15:30~17:00
テーマは「台湾の教育制度と受験について」

受講料は1回1500円です。

中国語のレベルは問いません。知っているようで知らない台湾。おいしい台湾のお茶とお菓子をいただきながら台湾の文化に触れてみませんか?テーマ以外にも興味のあることはどんどん老師に質問してください。

その他のテーマについてはこちらのページをご覧ください。

日中京都のその他の中国語教室についてはこちらのページをご覧ください。
申し込み問い合わせは日中京都まで。


















スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日中京子

Author:日中京子
中華圏大好きな日中京子と申します♪京都在住です。
日中友好協会のブログを引き継がせていただきました~
中国って知れば知るほど興味がつきない不思議な国ですよね。
日中友好協会のニュースのほかに、いろいろ京子が思ったことつぶやきます。
どうかよろしくお願いします!
日中友好協会のウエブサイトも新しくなりました。

http://www.nichukyoto.gr.jp/

よかったらお越しください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR