FC2ブログ

漢字文化講座(毎月第2金曜日10:30)

先日、このブログでも紹介しましたが、
9月12日(金)、後期から毎月第2金曜に開講されることになった「漢字文化講座」に参加してきました~

講師の名和又介先生です
名和先生


漢字の履歴を学びながら中国の歴史や文化などにも触れていこうというこの講座、
初日のテーマは…
テーマ「牛」
「牛」です。

古来、牛は中国人にとってとても身近な動物です。「牛」の名前は数え切れないほどあり、例えば同じ牛でも、年齢や形状によってそれぞれ違う漢字が存在するのだそうです。一方、日本語に「魚」の名前が無数にあるのは、日本人にとって魚がとても身近な存在だったからと言われると納得です。

名和先生いわく、外国人に「日本人は何のにおいがする?」と聞くと、「魚」と答える人が圧倒的に多いということですが、この話には少しショックを受けました。「魚くさい」って嬉しくないですよね!?

私の感傷はさておいて、お話はどんどん進みます。

突然ですが、みんさんは「牛偏」の漢字をいくつ書けますか?
「牝」「牟」「牧」「牡」「牢」「物」「特」「犀」「牲」「牽」「犠」……

これらは私が思いついたのではなく、授業の中で解説していただいた漢字の数々です。

例えば「物」は、「大きい牛」のことで、「特」は、神にささげる特別の牛という意味なのだそう。
基本的に牛は、生贄の対象で、皇帝が供える牛・羊・豚は「大牢」、諸侯が供える羊・豚は「小牢」と呼んだそうです。牛を供えるのは皇帝だけで、権力の象徴でもあったようです。
「犠牲」という漢字にも「牛偏」がありますが、これも神のため犠牲になることを指し、「犠」は厳粛な生贄という意味を持っているそうです。
新中国になってからの「犠牲」は、共産党のために犠牲になるという意味があり、古代の神が現代の共産党に入れ替わった、などというこぼれ話もまた興味深いですね。

ここで紹介できるのは、ほんの一部です。
「牛」という一文字だけで、90分間、泉のごとくお話を繰り出す名和先生の授業を聞き終わったとき、まるでひとつの舞台を見終わったような感覚になりました。
みなさんも、ぜひ、この「名和ワールド」を体験してください!!

「漢字文化講座」は毎月第2金曜日10:30~12:00
受講料は一回1500円
中国語のレベルは問いません。飛び入り参加も歓迎です!!

今後の開講日は…
2014年10月10日、11月14日、12月12日
2015年1月9日、2月13日、3月13日

申し込み問い合わせは日中京都まで。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日中京子

Author:日中京子
中華圏大好きな日中京子と申します♪京都在住です。
日中友好協会のブログを引き継がせていただきました~
中国って知れば知るほど興味がつきない不思議な国ですよね。
日中友好協会のニュースのほかに、いろいろ京子が思ったことつぶやきます。
どうかよろしくお願いします!
日中友好協会のウエブサイトも新しくなりました。

http://www.nichukyoto.gr.jp/

よかったらお越しください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR