FC2ブログ

初級③ (木・15:30~17:00)

先日、うま~いお菓子をいただいた木曜日の初級③クラス。
今日は真面目に、授業内容の紹介をいたします。

担当講師は倪卉老師。難しい漢字ですが、日本語だと「ニキ」、中国語だと“Ni2Hui4”と発音します。

テキストは
『中国語さらなる一歩』
竹島金吾監修 尹景春・竹島毅 著 白水社


白水社の公式サイトはこちらをご覧ください。

ニキ先生によると、このテキストは入門から初級段階のポイントがきちんと整理されているのでオススメなのだそうです。
木初級・テキスト

最初にテキスト付属のCDを聴きます。本文(会話文)と単語が録音されています。

次に、老師のあとについて単語を読むのですが、発音のポイントが丁寧に説明されます。
例えば、「申し訳ない、面目ない」という意味の“不好意思”という単語は、“不好”+“意思”ではなく“不”+“好意思”という構成なので、発音する時も後ろの3文字をひとくくりとして発音すると自然なリズムになるのだそう。そのためには、最初の“不”をやや強めに発音し、残りの3文字を軽く発音するとよいそうです。
この方法をニキ老師は「1+3で読む」と表現されていました。「中国語は声調だけではなくリズムも重要」なのですって!!

なるほど~
ただダラダラ読んでいるだけでは、中国語らしい発音にはならないのですね~納得です!!

単語の次は本文です。
再びCDを聴いたあと、老師のあとについて読みます。
ここでも「2+1で読む」など、リズムを大切にされていました。また、日本人が発音しづらい音は、どうやったら発音しやすいかを具体的に説明されていることも印象的でした。

続いて、テキストの文法説明の部分。
この日、取り上げられていたのは“可以”と“要”、そしてそれらの否定形でした。
ニキ先生ホワイトボード

こんなふうに板書しながら、しっかりと文法が整理されていきます。
“要”の否定形には“不要”“不用”“別”がありますが、これらの意味の違いや、どんな場面で使われるかなどがよ~く理解できました。(取材というより、ガッツリ聴講していた日中京子です…)

一通り文法を学習したかたでも、「目からウロコ」間違いなしの講座だと思います。
授業の随所にはさみこまれるニキ老師の「中国プチ情報」的なコーナー(日中京子が勝手に命名)も楽しいです。

初級③クラスは木曜日15:30~17:00
見学は随時受けつけています。

日中京都の中国語教室のくわしい内容はこちらのページをご覧ください。
申し込み・問い合わせは日中京都まで。




スポンサーサイト



これ、うま~い!!

稲香村の

先日、たまたま木曜日午後15:30~の倪卉老师の初級3の時間に日中京都の事務所にいたら、倪卉老师のお母さんが北京から送ってきてくれたというお菓子のご相伴にあずかっちゃいました~

この類のお菓子、中国土産でたまにいただきますが、今まで食べたものの中でダントツに美味しかったです。北京の有名老舗菓子店「稲香村」の商品なのですね~

中身はこんな感じ
えび
エビ柄のパッケージですが、エビ味ではございません。サクサクホロホロとした食感のピーナッツ(?)風味の飴といえばよいのか…飴よりはかなり口どけがよいのです。
日中京子はこの食感の大ファンです。

もうひとつはこんな感じ
南棗
ナツメの羊羹のようなものの中に、ナッツがゴロゴロ。甘さが程よくて、うま~い!!

倪卉老师、ごちそうさまでした~~

お知らせ3つ

今日は成人の日。いまさらながら、あけましておめでとうございます。
今年も「もりあがれ中国語教室」をよろしくお願いいたします。

今年のお正月は京都でも大雪が降りましたね~
先週、NHKのBSで中国のニュースを紹介していました。その中で「ニュースに出てきた中国語を紹介します」というようなコーナーがあり、“寒潮(han2chao2)”という単語がご丁寧にもピンインつきで紹介されていました。日本語でいうところの「寒波」です。日本語は「波」で中国語は「潮」なのですね。ちなみに中国語では“寒流(han2liu2)”ともいうようです。
あれ!?
そういえば韓国ブームの“韩流(Han2liu2)”も“寒流”とまったく同じ発音ですね~
“寒流来了!”“韩流来了!”も発音上は同じですが、韓国ブームの方はやってきて久しいですから間違えることもないのでしょうか?

つい話が脱線してしまいましたが、今日は「お知らせ」が目的なのです!


(1)中国サロン「現代中国の喫茶事情」

2015年新春第一回の中国サロンです。
講師をつとめてくださるのは、浙江農林大学芸術設計学院人文・茶文化学院副教授で立命館大学文学部客員教授の関剣平先生です。
先生の肩書きにあるように、まず茶文化の学校があるということに驚きました。どんなお話が聞けるのか楽しみです!

日時:2015年1月17日(土) 14:00~15:30
参加費:500円

くわしい案内はこちらのページをご覧ください。

アモイ植物園にて
アモイの植物園にあった看板です。


(2)中国百科検定試験対策講座 第一回 地理・民族・宗教

第2回試験は2015年9月27日(日)に行われます。
まだ会場は未定ですが、京都でも試験を受けられます。
試験対策としてだけでなく、中国に興味のある方も楽しめると思います~

講師をつとめてくださるのは、慶応大学教授で日中友好協会本部常任理事の大西広です。

日時:2015年1月23日(金) 18:00~19:30
参加費:500円

くわしい案内はこちらのページをご覧ください。

公式テキストです。日中京都の事務所でも販売しています。
中国百科検定テキスト

中国百科検定のホームページはこちら



(3)台湾の文化と中国語クラス
毎週月曜日に開かれているこのクラスも、残すところあと2回となりました。
講師をつとめてくださるのは台湾出身の張原銘老師。美味しい台湾のお茶とお菓子をいただきながら、台湾への理解を深めませんか?

次回は、2015年1月19日(月) 15:30~17:00
テーマは「日本が世界に誇れるスゴイ所ベスト50を中国語で勉強しましょう」

最終回は、2015年1月26日(月) 15:30~17:00
テーマは「総まとめ」

くわしい案内はこちらのページをご覧ください。



各講座とも申し込みは不要です。ふるってご参加ください!!

お問い合わせは日中京都まで。






プロフィール

日中京子

Author:日中京子
中華圏大好きな日中京子と申します♪京都在住です。
日中友好協会のブログを引き継がせていただきました~
中国って知れば知るほど興味がつきない不思議な国ですよね。
日中友好協会のニュースのほかに、いろいろ京子が思ったことつぶやきます。
どうかよろしくお願いします!
日中友好協会のウエブサイトも新しくなりました。

http://www.nichukyoto.gr.jp/

よかったらお越しください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR