FC2ブログ

コロンス島その1

プロフィール写真は、厦門のコロンス島です。

去年10月に行きました。

コロンス島へは、厦門の国際フェリーターミナルからフェリーに乗ります

厦門フェリー2


このとき、中国の人口の多さを今更ながら実感しました。

まず、乗船券を買うのにすごい行列です
気長に待って、チケットを買います。

船着き場には、コロンス島の古い写真が展示されています。

コロンス島展示2


乗船の人が船着き場にあふれていますが
みな、慌てることもなく、おとなしく待っています。
混雑に慣れているのでしょう。

船に入ると、自由席なので、みなが素早く席をとります。
その時、ハンドマイクでお兄さんがウイーンウイーンという音を鳴らして、得意そうに注意事項をのたまいます。

それが、別の人がマイクでしゃべっているのに重ねてしゃべっているのにはびっくりしました。

うーん、なんというか、中国だ!と感動しましたね。

超うるさいけど、みんな全く気にしない様子w

乗船客が揃っているか確認してから(席が全部埋まったら揃っているということがわかるそうです)
お兄さんの許しがでて、デッキにみんな出ていきました。
デッキから撮ったのがプロフィール写真です

xiamen3.jpg


そして、コロンス島に着きました

コロンスのリラックス

いい感じでしょ~

続きは次回に

by 二代目京子
スポンサーサイト

敗戦記念日その2

韓国にとっては、光復節ですね。

文大統領の演説がどうだったのか、日本ではちゃんと報道されていないので
URLを貼り付けます。(日本語字幕つき)


文大統領の演説

感動しました。
平和な東アジアは韓国主導で作られるのかな!と幸せな気持ちになりました。

by二代目京子

香港デモ

香港の空港どうなっているのか気になったので、国際空港のHPをみたら、
final callとかboarding soonになっているので
飛行機は飛んでるのかなと思います

日中友好新聞にジャーナリストの水島斉一さんによる関連記事が掲載されています。

「逃亡犯条例改定案」完全撤回から民主化要求へ

その内容は、

林鄭行政長官は、法案審議の無期限延長を表明したが、デモは、完全撤回を要求しているとのこと
2014年の雨傘運動では行政長官選挙の、民主的な直接選挙を求めたが実現せず
その後の選挙で選ばれたのが中国政府が支持する林鄭氏だった。
立法会も定数70のうち半数が職能団体による間接・制限選挙で民意が十分に反映されているとはいえない
行政長官と立法会議員を普通選挙で選びなおすよう求めているとのことです

う~ん、なるほど、よくわかりました。

by二代目京子

敗戦記念日

今日は、敗戦記念日です

私は京都で育ちましたが
父は大阪の人でした。父は兵隊にならずにすんだのですが
空襲で焼けるからって、家を取り壊されたそうです。
3日で家を出なければならず、そのあと、家族であちこち転々として
京都に引っ越したそうです。

父の大好きなお兄さんは南方戦線で戦死してしまい
父も栄養失調で結核になったりと
父の生前にいろんな苦労話を聞きました。
父が亡くなる前にもう少し聞いておこうとお兄さんのこと聞いた時には、父の目に涙が伝っていたので
あまりいろいろ聞くことはできませんでした。
父はめったに泣かない人だったのでその悲しみ悔しさってどんなだっただろうと思います

今日はそんな父の命日でもあります。

すごい数の犠牲者を出した、このばかげた戦争は、日本が起こしたのだということを忘れてはならないと思います

by二代目京子

みんなの願い

先代のブログを見ていたら

私の意見とは違うな~という投稿もあります。

ここに書かれている意見は、当協会で決定した方針だとは限りません。

このブログは、会員の個人的なつぶやきをどんどん載せていきますので

いろんな意見があるのは当然ですからね~

ただ、日本と中国が未来永劫、二度と戦争をしないで仲良く!
という願いは、会員みんなの共通の想いなんですo(^▽^)o

そんな思いを共有したくて私は会員になりました。

by 2代目京子
プロフィール

日中京子

Author:日中京子
中華圏大好きな日中京子と申します♪京都在住です。
日中友好協会のブログを引き継がせていただきました~
中国って知れば知るほど興味がつきない不思議な国ですよね。
日中友好協会のニュースのほかに、いろいろ京子が思ったことつぶやきます。
どうかよろしくお願いします!
日中友好協会のウエブサイトも新しくなりました。

http://www.nichukyoto.gr.jp/

よかったらお越しください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR