スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中友好協会京都府連合会

第42期 中国語教室開講。受講生募集中!

期間:2016年4月16日(土)~2017年2月28日(火) 年間35週日

開講式:2016年4月15日(金)午後6時30分~8時30分(会場ハートピア京都・第5会議室)

修了式:2017年3月4日(土)午後2時~4時

烏丸丸太町教室 会場・府連事務所 

入門1


倪卉


木18:40~20:10


ゼロからの中国語、きれいな発音を学ぼう。

入門2


斎藤敏康


金10:30~12:00


ゼロからの中国語、きれいな発音を学ぼう。

入門3


田星


日10:30~12:00


ゼロからの中国語、きれいな発音を学ぼう。

準初級1


田星


水18:40~20:10


発音復習から、一人で行動できる基本会話へ。

初級1


田星


火18:40~20:10


日常会話の練習と基本文法の活用

初級2


西岡愛子


水13:00~14:30


応用力を身に付け、中級への橋渡しをはかる。

初級3


倪 卉


木15:30~17:00


入門から初級への第一歩、会話と聞き取りを重視。

初級4


劉建栄


日13:00~14:30


日常会話の練習と基本文法の活用

中級1


侯月琴


月10:30~12:00


現代の短編小説を読む。

中級2


王嵐


火10:30~12:00


「听、说、读、写」総合的中国語力向上

中級3


劉建荣


火18:40~20:10


「听、说、读、写」総合的中国語力向上

中級4


劉建栄


水18:40~20:10


「听、说、读、写」総合的中国語力向上

中級5


関光世


土10:30~12:00


より深い会話のための話題作りと応用力固め。

上級1


侯月琴


月13:00~14:30


「荘子」を勉強して、古代の賢人の知恵を学ぶ。

上級2


劉建荣


月18:40~20:10


会話・翻訳など総合的なコミュニケーション能力アップ。

コミュニケーション1


侯月琴


水10:30~12:00


「听、说、读、写」を通して、現在の中国の動きを知る。

コミュニケーション2


田星


木13:00~14:30


「听、说、读、写」を通して、現在の中国の動きを知る。

現代文学講読


浦元里花


火13:00~14:30


現代の上海人作家、王安憶の作品を読む。

コリア語入門


申東洙


金13:00~14:30


ハングルの読み方から簡単な会話文へ



   入学金 7,000円(会員・学生は5000円)

   受講料 年、65,000円(複数クラス受講の場合、2クラス目以降は52,000円)

宇治教室 会場・宇治市民会館

初級


劉建荣


土15:30~17:00


日常会話の練習と基本文法の活用

中級


劉建荣


木14:30~16:00


「听、说、读、写」総合的中国語力向上

上級


劉建荣


土13:40~14:10


会話・翻訳など総合的なコミュニケーション能力アップ。

       受講料: 年60,000円(三期分割の場合、62,000円)

  申し込み・問い合わせ先  

      日中友好協会京都府連合会  

        〒604-0861 京都市中京区烏丸丸太町下る オクムラビル6階

         電話 075-256-2764 ファックス 075-256-2763

Eメール info@nichukyoto.gr.jp

http://www.nichukyoto.gr.jp   
スポンサーサイト

信頼性の極めて低い「中国人権弁護士」約束されたニュースたち

今日耳にしたことだが、まさかの朝日新聞でも地に落ちだもんだと、大変怒りを覚えた。よって、ここにこう記す
最近の中国人権弁護士が拘束されるニュース諸々について
!!はっきり言って、これは事実根拠の欠けた、信頼性の低い”ニュース”である!!
しかし、日本の国民の目をくらまして、世論批判の矢先を一気に中国に向かわせることには大変効率的であるようだ。
何しろ、”中国*人権*問題*”をいじるのは一番良い手段だから。
目下最もかつく議論されていることはあるだから、なんとかして国民の怒りに水をかける必要もあるし、そしてつぎの行動をとるために準備が必要。いつもこの日本国民にとって肝要なところで、”中国のα”が持ち出される。
これは、つまり、近頃何か始まる(もうはじまっとるだろうか)というサインだよ〜
こんな手口って、つまり中国の2千年前の三十六計の「瞞天過海」、「暗渡陳倉」だろう?ははは、笑わせないでよ〜へん!
nk

灌水而已

最近听说博客很久没有人更新,于是NK就来灌水了(灌水:とくに意味なく、いらんことをたくさんネットに書き込むこと)。
昨天須田同学衣锦还乡,大家高兴一起吃饭。其中有一道是烧卖,竟然是奶酪西红柿馅儿的,着实惊讶了一下。吃着也没什么违和感。不过说实话,终究也算不上好吃吧。
我是北方人~连西红柿包饺子,都觉得新奇,如今在日本能吃到奶酪西红柿馅儿的,还是烧卖,还真觉得南不南北不北,土不土洋不洋,暗笑,感觉意大利比萨饼乱入了。就好像是炖猪肉切薄了一片儿,放在白米饭上,就非说自己是寿司一样的感觉。
不过转念一想,当年张仲景好像是把羊肉包在面皮儿里了,过了上千年,猪肉大葱反攻成了主流。南方人也有把莲藕一类当饺子馅儿的。幸而,奶酪西红柿和面粉碰一块儿了,怎么着都好吃啊,无可厚非。
就如同咸粽子甜粽子,咸豆花甜豆花儿一样,萝卜白菜各有所爱嘛。四个字“未尝不可”啊。
如今烧卖皮儿都快和饺子皮儿一个样儿了,何况是馅儿呢。
罢了罢了。谁说烧卖不能是奶酪西红柿馅儿的呢。

入門① (水・18:40~20:10) ※第41期(2015年4月から準初級に昇級)

大家好!
日中京子の突撃クラス潜入レポートです。
本日ご紹介するクラスは、水曜・夜の入門①クラス。

担当講師は田星老師。
テキストは『必ず話せる中国語入門 改訂増補』 相原茂 主婦の友社

ですが…
このクラスは、来期から「準初級」に昇級することが決まっています。
来期使用する新しいテキストは『一冊目の中国語』 劉 穎、喜多山 幸子、松田 かの子 著 白水社を使用する予定です。
白水社のホームページでテキストがくわしく紹介されているので、こちらをご覧ください。

こちらが田星老師
田星老師
授業が始まる前、
“今天有点儿冷(今日は寒いですね~)”という何気ない会話から、“一点儿”と“有点儿”はどう使い分けるかという話題に
なったシーンです。


この日は練習問題が少なめというテキストを補うために用意したプリントを使って授業が進められていました。
田星老師プリント
語順入れ替え問題。さらには短文の間違い探しなど、分かっているつもりでも、あらためて問われるとドッキリしますね~
この日のポイントは「結果補語」でした。
みなさん、ちゃんと使えてますか~?

田星老師は、混乱しがちな文法を流暢な日本語で的確に説明し、日→中訳の例文を次々と繰り出し、受講者の皆さんに質問していきます。
例えば「動詞+在+場所」という公式を使って、「京都に住んでいる」「椅子に座る」「机に置く」「ここに書く」を中国語で言ってください、という感じです。「椅子」や「机」の場合、“坐在椅子上”や“放在桌子上”のように方位詞の“上”をつけないと場所の概念にはならないのだとか。みなさん気をつけましょう~~
質問されたときに、単語がわからなくても大丈夫。すぐホワイトボードに書いてくださるので、その単語を当てはめると正しい短文の完成です。
田星老師いわく、「いまは、なるべく多くの単語を覚える時」なのだそう。
確かにそうですね~単語を知っていれば知っているほど、公式に当てはめるだけで無限の表現が可能になりますね~

日中京子、この日もまたまた「目からウロコ」の連続でした。

最初にご紹介したとおり、このクラスは来期から「準初級」になります。
1年程度中国語を学んだ方や、もういちどしっかり文法を把握したいという方にオススメです!!

来期も時間と曜日は同じで、水曜日18:40~20:10です。
見学は随時受けつけています。


第41期(2015年4月~3月)に関するくわしい内容は日中京都のホームページをご覧ください。




初級③ (木・15:30~17:00)

先日、うま~いお菓子をいただいた木曜日の初級③クラス。
今日は真面目に、授業内容の紹介をいたします。

担当講師は倪卉老師。難しい漢字ですが、日本語だと「ニキ」、中国語だと“Ni2Hui4”と発音します。

テキストは
『中国語さらなる一歩』
竹島金吾監修 尹景春・竹島毅 著 白水社


白水社の公式サイトはこちらをご覧ください。

ニキ先生によると、このテキストは入門から初級段階のポイントがきちんと整理されているのでオススメなのだそうです。
木初級・テキスト

最初にテキスト付属のCDを聴きます。本文(会話文)と単語が録音されています。

次に、老師のあとについて単語を読むのですが、発音のポイントが丁寧に説明されます。
例えば、「申し訳ない、面目ない」という意味の“不好意思”という単語は、“不好”+“意思”ではなく“不”+“好意思”という構成なので、発音する時も後ろの3文字をひとくくりとして発音すると自然なリズムになるのだそう。そのためには、最初の“不”をやや強めに発音し、残りの3文字を軽く発音するとよいそうです。
この方法をニキ老師は「1+3で読む」と表現されていました。「中国語は声調だけではなくリズムも重要」なのですって!!

なるほど~
ただダラダラ読んでいるだけでは、中国語らしい発音にはならないのですね~納得です!!

単語の次は本文です。
再びCDを聴いたあと、老師のあとについて読みます。
ここでも「2+1で読む」など、リズムを大切にされていました。また、日本人が発音しづらい音は、どうやったら発音しやすいかを具体的に説明されていることも印象的でした。

続いて、テキストの文法説明の部分。
この日、取り上げられていたのは“可以”と“要”、そしてそれらの否定形でした。
ニキ先生ホワイトボード

こんなふうに板書しながら、しっかりと文法が整理されていきます。
“要”の否定形には“不要”“不用”“別”がありますが、これらの意味の違いや、どんな場面で使われるかなどがよ~く理解できました。(取材というより、ガッツリ聴講していた日中京子です…)

一通り文法を学習したかたでも、「目からウロコ」間違いなしの講座だと思います。
授業の随所にはさみこまれるニキ老師の「中国プチ情報」的なコーナー(日中京子が勝手に命名)も楽しいです。

初級③クラスは木曜日15:30~17:00
見学は随時受けつけています。

日中京都の中国語教室のくわしい内容はこちらのページをご覧ください。
申し込み・問い合わせは日中京都まで。




プロフィール

Author:日中京子
日中友好友好協会京都府連合会(日中京都)が開講する中国語教室で中国語を学んでいます。日中京都の中国語教室を盛り上げたいと思っていますので、そのための楽しいアイディア、絶賛募集中です!
日中京都のホームページはこちら
http://www.nichukyoto.gr.jp
このブログは今のところ日中京子とnkが執筆しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。